忍者ブログ

logosノ夢 ブログ(雑記)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうして全く節約せずに…?

水とか電気とかガスといった資源を全く節約せずにガパガパ使ってしまう中高年を見る時がある。そういう人を見ると、どうしてあれほど多く使うのか? と思ってしまう。非常に無駄遣いをしているように見えてしまう。

それとも、僕の節約意識が強すぎて、世間一般における資源の「普通」の使い方が無駄の多いものに見えてしまうだけなのだろうか? いや、あまりそうは思えない。


成育時期に物的な豊かさがなかったが、大人になって懸命に働いた結果、子どもの頃とは比べ物にならないほど物的な豊かさを得たという人は、高齢になってくると資源を節約せず使いすぎる傾向があるのだろうか?

人間というものは満たされないものを満たそうとするが、満たされない「飢え」の程度や期間が大きすぎると、満たされた(「飢え」が解消された)後でも、とめどなくもっと多くの満足を得ようとするものなのか?

仮にそうだとしたら、なぜそうなのかという疑問が生じるが、その答えの鍵となるのは、自分を顧みることができるかどうかということであるような気がする。

PR

無題

「その暗闇はトンネルではないのですね? 遺伝子を形成している過去があるのですね?」

「笑顔」を表す。まるで、それまでの困難を忘れてしまったかのように。

放置された感情。野放しにされている因果関係。

答えがわからない。

では、答えがわからない原因は何なのか?

答えを探そうとするのにその答えを見つけられない理由は何なのか?

10の10乗個の意志(意思)の総和が、成り行き、結果としての現在、今後来る変化、をもたらす。

現実世界と関係があって現実世界と関係のない世界。

儚いもの

ただ一つの論理体系に統一されていないものはすべてカオスに含まれる。

なだれ落ちていく一つの砂粒をすくい取り…

「そもそも人間という存在を一つの種としてくくることに無理がある。」
「個体の数だけ種が存在すると?」
「近いものがある。」

細胞分裂が始まるときに、「分化」が始まる。別の主体ができていく。

罪深い「創造」者たち…。

でも、君なら知っているだろう? わかっているだろう?

心の涙があるのなら…。

楽しみや喜び

これといった楽しみや喜びがなくてもやるべきことを淡々としっかりとやっていけるのなら、これほど心強いことはないだろうに。でも、それほど強くない。だから、何かに楽しみや喜びを見出して、それらで心を休めながらやるべきことをやっていく。

楽しみや喜びは、外側へ求めても虚しい。外側へ求めて得られる楽しみや喜び(受動的な楽しみや喜び)は、大きなものかもしれないが、それが終わった後に虚しくなる。それならば、日々の生活の中にこそ楽しみや喜びを見出すようにした方が良いのではないか?

日々の生活の中で、「こうしたい」、「これを実験してみよう」といった思いがきっとある。それをやってみよう。それらは、外側へ求めて得られた楽しみや喜びよりもずっと小さいものかもしれない。それでも、そういったものをたくさん持っていれば、楽しみや喜びを外側へ求めることによらずとも心を休められるかもしれないし、安らぎで満ちた心で日常のやるべきことに戻れるかもしれないし、創造性のある生き方につながっていくのかもしれない。

制作状況の確認

1年半近く前に「次にこの話を書くときはもうすぐ完成するという頃になると思います」と書いていました。はっきり言ってしまうとまだ完成間近ではないのですが、放り投げてはいないということの証に、そして制作状況の自己確認の意味でも、久しぶりに第3作のことを書いてみます。

これまで … 全マップの修正、ダンジョンでの仕掛け等の作成、などが概ね完了
現在 … ストーリーの見直しをメインにして制作中
今後 … ストーリー制作完了後、各種パラメータの調整、システムの補強など
完成度 … 60~70%くらい(感覚的なものですが2/3くらいはできたという感あり)

ストーリーを作り切ってからツクールでの制作作業に入るべきですが、自分の力量ではそれは難しいので、ツクールでの制作をしながらストーリーも作っていくというスタイルを採っています。システムとストーリーはRPGの2本柱。システムはほぼ出来上がっているのでストーリーが出来上がれば制作の山場を越えたと言えそうです。要するに、今の作業が制作の山場。

最初期(システム試作段階)を含めて制作開始から既に5年が経ったわけで、これだけ制作ペースが遅いと、後どれくらい経ったら完成するのかもう何とも言えません。しかし、作っている感触として少しずつ出来上がってきている感がある、というのは今も変わりません。

制作意欲の「灯火」は、弱くても(もちろんそれは強い方がいいのですが)灯っている限りは完成に向けて制作し続けるための原動力になります。その「灯火」は、完成させようとする意志としてまだ残っているので、やむを得ない状況にならない限り今後も放り投げたりしません。

以上、第3作の制作状況でした。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

フリーエリア

最新コメント

[05/05 幽心]
[05/02 とくめいきぼう]
[01/21 幽心]
[01/21 kaz]
[01/19 幽心]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
幽心
HP:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(09/19)
(10/01)
(10/02)
(10/09)
(10/10)

P R

カウンター