忍者ブログ

logosノ夢 ブログ(雑記)

アウトサイド

儚く消え去ってゆくのに、その時を好み、その時に入り込んでゆく幻想。
 

それぞれの意志は共通概念となるものではなく、個々の独立した意味として成立している。物理的に分かたれていて、個体が他の個体の真意を知り得ることは原理的にはない。


見せかけの笑顔で互いに騙し合い、騙され合い、また、そうしたことを求めて生きている。だから、仮にそこから「楽しみ」を取ったら、たちまち前が見えなくなり、心の底から生じる闇に侵され、生きていけなくなるだろう。目に映る他のものは、それを見る者自身の認識する世界に幻の空間を創る。


奪い合うばかりの世界では、奪う側も支配されている。自衛に徹するなら他を傷つけ得る力を持たない。欲望と憎しみがグロテスクな歴史を作った。


感覚。気付かないうちに、思考や行動の基礎が狭くなっているということ。多様化した価値は、単純な論理を許さない。思想的な侵略さえある。欲望が根底にある。そういったものに容易に支配され続ける限り、意義は存在し得ない。


互いに利用し、利用され、相互作用によって成立している。組織を見ても、セルフコントロールのできない何かに支配されている。それゆえに、問題が起こるのではないだろうか。しかし、そのような見方も発想を変えれば、支配ではなく選択の結果とも解釈できる。
それでも、最終的に意味を持つのは、体系的に定義されたものだけではないかと考える。欲望とそれの反対の側にある論理。そこに根源的な矛盾が存在していると思える。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
幽心
HP:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(09/19)
(10/01)
(10/02)
(10/09)
(10/10)

P R

カウンター